時間がない日のパパッとごはん「簡単カルボナーラ風パスタ」の作り方。

今日は面接DAYでした。

抹茶の香りに癒されます

お気に入りの器に抹茶入りのお茶をいれます。

午後の面接のときはスタッフ小森がいれてくれたのですが「ゆうさん…これでいいですか…?」ってお茶を見せにきました。前にわたしが「ちょっとうすいやん」とか姑のようなことを言ったので、ちゃんとおいしいお茶を出そうとしてくれてます。笑

さて、今日は簡単カルボナーラ風パスタの作り方。

きのうは18時に会社を出たので、帰り道に(簡単にできるもの…何作ろう?)と。時間がない日は、お鍋・うどん・カレー・親子丼…、究極的にはマザーズランチの残りものって感じなのですが、今回はちょっとオシャレにパスタにしてみました!

そう、マ・マーの早ゆでスパゲティは3分でゆであがるので忙しい日の味方!

麺に切れ目がはいっているので、その分早くゆであがるみたい。でもゆであがったら切れ目はとじてくっつくので食べても全然わかりません。便利ですよね!

きのうTwitterでアップしたらどうやって作るの?という質問をいただいたのでご紹介しますね♡

きのことツナのカルボナーラ風パスタ

パスタ 200g(2人前)

きのこ 適量
小松菜 適量

ツナ缶 1個
にんにく 1片(なくてもOK)

生クリーム 1P(200cc)
塩こしょう 適量
おいしい醤油 小さじ1
卵黄 1個分

①フライパンにオリーブオイルをひいて、にんにくを炒める。
 ※パスタを茹でるのは同時進行で。

②香りが出たら、ツナ・きのこ・小松菜も加えて塩こしょうで炒める。

③火が通ったら生クリームを入れて少し煮詰める。

④塩こしょう・しょうゆで味を調える。

⑤火を止めて、茹で上がったパスタを入れてまぜる。

⑥仕上げに卵黄を入れてまぜまぜ。まったりしたら完成!

こんな感じです。

⑥のときにアツアツのまま卵黄を混ぜてしまうと分離するので、パスタを混ぜながら少し冷ましてください。それから卵黄をONするとGOODです。

大人用にはブラックペッパーをたっぷり。

家族にはかけすぎと言われるけどこのくらいがいい

パルメザンチーズををたっぷりかけてもおいしいです!

が、わたしは粉チーズのにおいが苦手でかけません。かたまりのパルメザンチーズを買ってきて自分ですりおろしたものはたーっぷりファッサファッサかけるくらい好きなんだけど、粉チーズとして売っているものがどうしても苦手。

あとはチーズ味のお菓子も。ホンモノのチーズは大好きなんですけどねー。カマンベールとか常に冷蔵庫にあります。切らしたことないです。大好きです。

チーズ味のものがNG、なのです。はい。

なんかどうでもいい話になってきちゃったので、今日はここまで。

このレシピおいしいので、忙しい日にぜひ作ってみてくださいね!おいしいよー!!


The following two tabs change content below.
秋田 佑

秋田 佑

専務取締役株式会社MOTHER'S・I
1982年生まれ。愛知県名古屋市でお弁当のMOTHER'S LUNCHを夫婦で経営。自社農場の野菜をはじめとことん素材にこだわったお弁当・おそうざいを通して『ココロとカラダが喜ぶ健康的なライフスタイル』を提供しています。名古屋市内のオフィスにデリバリーもしてます。行きつけの温泉で岩盤浴しながら読書するのが幸せ。3児の母。