数日前におきた体の異変から思うこと。

休日の朝、カフェオレいれてゆったりしてみました。

そう、してみたのです。

実は、数日前にちょっとした体の異変があって、何も考えない時間をつくるようにアドバイスしてもらったのです。

その異変がおきた直前、仕事に必要な情報を集中してインプットしながらちょっとした不安なことを考えてたのでわたしの頭が容量を超えてしまったんだと思います。

こんな経験は初めて。

今までずっと、自分は精神的に強いタイプだと思って生きてきました。

体も心もずっと健康で、嫌なことがあっても寝たら忘れる。いろんな悪意も自分で突っぱねて強く生きてきました。

だから、ちょっとしたことを気に病んでいるひとのことがよく分からなかった。

精神的な不調があるひとに『気のもちよう』だと言って寄り添わなかったことも。そういうひとは、そこに逃げて楽をしているだけだと思ってました。正直、そういうひとがとても苦手でした。

わたしは、家でも息つく間もなく動いてしまうタイプ。やらなくてはいけないことが全部おわらないとゆったりできないのです。

このまえスタッフさんと話していたら、わたしとまったく同じタイプの子がいて共感しまくりでした。笑

お皿洗いもすぐ。子ども部屋の片づけもすぐ。きれいに片づけてからでないと眠れない。

旅行のとき、ホテルに着いてまずすることはスーツケースから必要なものを必要な場所へ配置すること。家族全員の翌日の着替えもセットします。それから、ホテルの館内図など見て把握します。

すぐにベッドやソファでくつろぐ家族をみていいなぁーと思うんだけど、わたしはくつろぐことができません…。

子どもたちからは『ママはいつも動いてるよね、休めば?』って言われるし、母からは『要領わるすぎ』って言われます。

常に『○○しなくちゃ』ばっかりなので無意識のうちに疲れているのかもしれません。

そんなに能力ないんだから、ちゃんと休もうって決めました。

自分のことをわかってるようで、わかってなかった。

自分のなかの弱さを認めたくなくて、強い強いと思い込んでそのように行動し続けてきたのかもしれません。それで無理がきたのか。

なんにしても、自分が経験したことのないことはわからない。わかってあげられない。

今回こういうことがなかったら、そういう人の気持ちはずっとわからないままだったなーと思います。

経験がひとつ増えて、少しだけやさしくなれたかもしれない。

そんなことを思った土曜日でした。


The following two tabs change content below.
フラワーエッセンスセラピスト Yu

フラワーエッセンスセラピスト Yu

1982年名古屋生まれ。3児の母。 子育てのイライラ・母親からのコントロール感・夫と会社経営でどん底パートナーシップ・自己肯定感ほぼなし… 幸せなはずの生活に、なんともいえない生きづらさを感じる日々。 そんな中、パニック障害発症。 それまでの自分の在り方を根本から見直して人生変えるんだ!と決意。 宇宙の法則や潜在意識、占星術、ヒーリング、自然療法フラワーエッセンスなど、いろんな講座を受けまくり、たくさんの時間とお金をかけて自己投資しながら、のめり込むように勉強勉強勉強! 2020年、南インドに渡り、名のある占星術師のセッション、ヨガクラスや瞑想、アーユルヴェーダの食事、ヒーラーの施術を2週間毎日受けて、ひたすら内観の日々を過ごし覚醒体験。 帰国後、内観で得たヒントをもとに、セラピスト・ライフコーチとして活動スタート。 そうして自分と向き合っていくうちに、夫との関係性がぐんぐん良くなり、なぜか収入も大きくアップ。 子育ても余裕をもって楽しめるように。 ぶつかることの多かった母親との関係も、これまでのことが噓のように愛のあるものに大きく変化。 カラダの不調もすべて克服して、心身ともに健康に豊かに幸せに! 現在は、そんな過去の経験を生かして生きづらさを感じている女性に向けて、自然療法フラワーエッセンスの癒しをベースに、長期の自己変容サポートプログラム、幼少期からのリーディング能力を生かした個人セッションなど提供しています。