わたしが『大きな』座卓にこだわる理由。

10年共に過ごしたコタツ。

何度も何度も修理して使い続けてきたけど、とうとうお別れの時がきました。ちょっと寂しいけど、ありがとう!と感謝して処分します。

そして、新しくわが家2階のリビングにやって来たのはコタツではなく普通の座卓。

img_6360-1.jpg

去年の春からこの家に住んで初めての冬。床暖房のおかげでコタツはいらないことが判明したので、座卓を探してました。

譲れないのは『大きいこと』

リビングに家族みんなが集まるようにしたいので、大きいものがいいのです。

子供たちも思春期になると、自分の部屋にこもりきりになりそうで…。

リビングに大きなテーブルがあれば、そこでそれぞれが好きなことしてても同じ空間で過ごせる。そして何より安心感がある。

だからわたしにとっては大きなテーブルは譲れないのです!

この家の設計でも譲れないことがありました。

それは、『リビングを家の中心にすること』

子供たちが大きくなって、親と接するのも面倒。自分の部屋から出てこなくなる。というのはすっごくイヤなのです。

提案された廊下も却下して、中心にリビングをドーン!と。全ての部屋は、リビングのまわりに。扉ひとつで行けます。

こんな感じで、いつでも顔を合わせることができる間取りにしたのです。

わたしが育った家は、リビングや応接室、仏壇の部屋、祖父の部屋、お風呂が1階で、寝室や子供部屋は全部2階。

玄関からリビングを通らなくても自分の部屋に直行できる間取り。

帰りが遅くなったり、夜に抜け出すのも、わりと簡単にできてしまうような感じでした。

いまは子供たちも小さいので、あたりまえのようにリビングに集まってにぎやかだけど、10年後はどうなっているのかな。

彼氏や彼女ができて家に遊びに来るときには、ちょっと躊躇してしまうつくりかもしれないけど、わたしたちがいつも笑顔でウェルカムな雰囲気なら、それこそリビングにみんなで集まってワイワイ過ごせるのかも。

img_6364-1.jpg

新しく買った大きな座卓を見て思ったのは、そんなことでした。

ではでは、また明日!


The following two tabs change content below.
秋田 佑

秋田 佑

専務取締役株式会社MOTHER'S・I
1982年生まれ。愛知県名古屋市でお弁当のMOTHER'S LUNCHを夫婦で経営。自社農場の野菜をはじめとことん素材にこだわったお弁当・おそうざいを通して『ココロとカラダが喜ぶ健康的なライフスタイル』を提供しています。名古屋市内のオフィスにデリバリーもしてます。行きつけの温泉で岩盤浴しながら読書するのが幸せ。3児の母。