小学4年生の長女に初の試練がやってきた話。

実はさいきん、長女が友達関係で悩んでました。

彼女は小学4年生。

ついにそういう時期がきたかーー!

わたしも通ってきた道なので経験しているぶん先が見えるけど、本人としては初めてのことに戸惑ってました。

男子のように殴り合ってスッキリ!というわけにはいかないのが女子。にらんだり無視したり悪口言いふらしたり…。まわりからじわじわじわじわ…。

そしてそれが順番にまわってくる感じ。

絶対にいつか終わりがくるけど、その渦中にいるときは先が見えなくてずっとこの状況がつづくんだと思ってしまいますよね。

様子を聞くと、にらまれるのは毎日。蹴られたりぶつかられたりすることも。

わたしは『何か文句あるならハッキリ言えば?』って向かっていくタイプだったけど、長女は何も言えずに全部吸収してしまうタイプ。はずかしながらわたしより大人です。

でも、せめて『やめてよ!』のひとことくらい言えればいいのに…。

毎日帰宅してから学校の様子を聞いてあげてるうちに、彼女もパワーが充電されてきたのかちょこちょこ言い返せるように。

嫌なことは嫌だと伝えることができるようになってきました。

そうこうしているうちに、相手の女の子たちが謝ってきたそうです。まだスッキリはしていないものの、ちょっとひと安心。

今回はとりあえず落ちつきました。

こういうのって中学生くらいまで続くんですよね。

高校生になると、こういう悩みからパーッと解放されて毎日楽しくなるんだけど。でも、こういうことを乗り越えていくからひとの気持ちや痛みがわかるようになるのかな。

今回のことを思い返すと、彼女がそれをわたしに話したのはわたしの帰りが早かった日。

そういえば、わたしが遅く帰ってバタバタしているときはあまり話しかけてきません。家族の変化に気づいてあげるには、こちらの余裕も必要だなーと反省。

最近は働き方を少しずつ調整しているので、帰りも去年と比べるとずいぶん早くなりました。

彼女が悩みだしたと同時に、わたしも早めに帰れるようになったのでタイミングが合ってよかった。

毎日お風呂で語ってました。学校であったことを聞いたり、わたしの経験談や反省点を話したり。ぜんぜん関係ない話で大笑いしたり。とにかくコミュニケーションを優先することを心がけた。

これからもいろんなことがあると思うけど、家族でちゃんとコミュニケーションとっていたらなんとかなる!と思ってます。

わたしもつらかった時期はとくに、家族の存在が救いでした。

家族みんなで食卓を囲んで、おいしい料理を食べることがどれだけチカラになったか。そういうあたりまえのことをちゃんと大事にしていきたいなって改めて思いました。

笑っていたらなんとかなる!まずはわたしが笑っていないと!!お母さんが笑っているってすごく安心しますよね。

毎日生きてたら笑えないことも起きるけど、とりあえず笑っていようと思います。

わが家には『おはなしのへや』もあるしね!笑

長女の部屋にいつの間にか貼紙が!

悩んだときはここへ行こう。そうしよう。

ではでは、また明日!!


The following two tabs change content below.
秋田 佑

秋田 佑

専務取締役株式会社MOTHER'S・I
1982年生まれ。愛知県名古屋市でお弁当のMOTHER'S LUNCHを夫婦で経営。自社農場の野菜をはじめとことん素材にこだわったお弁当・おそうざいを通して『ココロとカラダが喜ぶ健康的なライフスタイル』を提供しています。名古屋市内のオフィスにデリバリーもしてます。行きつけの温泉で岩盤浴しながら読書するのが幸せ。3児の母。