珈琲が苦手だったわたしが好きになったきっかけ。

あちゃー。

キュウレンジャー鑑賞中

先週の次女に続き、末っ子が同じ症状でダウン。

朝から岐阜に住む母に来てもらって、わたしは会社で仕事してます。遠いところ本当にありがたい。こういう日はお洗濯や掃除、ペットの相手、晩ごはんまで作ってくれます。

さて、今朝はめずらしくカフェオレを飲みました。ドリップで淹れたコーヒーに牛乳をプラス。

お気に入りのマグカップ

わたしがコーヒーを飲むようになったのは19歳の頃。それまで自分で買って飲むことはまずなかったなー。

家で母が飲んでいても、わたしはお茶か紅茶。母に「なんでコーヒーを飲むの?どういう気持ち?」って聞いたこともあります。「ホッとする」って言われたけど、その頃はよくわからなかった…。

当時つき合っていた彼氏(旦那さん)も、デート中にブラックコーヒーをよく飲んでました。それを見て「カッコつけるために飲んでるの?」って聞いたことがあるくらい、コーヒーという飲みものが理解できなかったのです。笑

コーヒー大好き旦那さん

そんなわたしが珈琲に目覚めたきっかけは珈琲豆屋さん(東京都調布市にある南蛮屋)でのアルバイト。バンタンデザイン研究所に通いながら働いてました。

置いてある珈琲豆は20種類くらい。ハーブティー用のハーブも30種類くらいありました。味の違いや効能など知った上でお客様とお話したくて、店長と一緒にいろいろ飲み比べながら勉強しました。

最初は苦くて苦くて「うわっ!!」とシブい顔するわたしに笑っていた店長。ポケットからチョコレートを出していつも助けてくれました。

でも、いろいろ飲んでいくうちに好きなものが見つかりました。

香りのいい「グァテマラ」、ガツンと濃厚な「トラジャ」です。どちらもお砂糖&ミルクを入れて飲むのが好きでした。

それから自分でも買って飲むようになり、喫茶店やスタバ、カフェでもコーヒーを注文するようになりました。成長したーー!!!

泡立ち珈琲すきです

そして最近ではコールドブリューは何も入れなくてもおいしいなぁーと思えるようになり、ブラックで飲むこともあるのです。ようやくブラックデビュー。

母が言っていた「ホッとする」感じがようやく理解できるようになりました。

そろそろホットコーヒーの季節ですね

やっぱり、興味をもつと好きになるのかなー。なんだろうなー。

テレビでチーズ作りの特集を見ると、苦手なくさみの強いタイプのチーズも食べてみたくなるし、園芸が好きなひとに話を聞くと苦手でもやってみたいなーって思う。

興味をもつと自分の世界が広がりますね!!!

今日は、ゆうの珈琲歴史でしたー。なんだこれ。笑

ではでは。


The following two tabs change content below.
秋田 佑

秋田 佑

専務取締役株式会社MOTHER'S・I
1982年生まれ。愛知県名古屋市でお弁当のMOTHER'S LUNCHを夫婦で経営。自社農場の野菜をはじめとことん素材にこだわったお弁当・おそうざいを通して『ココロとカラダが喜ぶ健康的なライフスタイル』を提供しています。名古屋市内のオフィスにデリバリーもしてます。行きつけの温泉で岩盤浴しながら読書するのが幸せ。3児の母。