子どもの偏食に困っているママへ。

わが家には子どもが3人います。

その中でも末っ子長男が偏食気味。

お魚や海老を嫌がって食べないので、口元まであーん!してあげてもかたく閉じたまま開いてくれません。

成長期だし、栄養のあるものをちゃんと食べてほしいけど、あんまり食べずにごちそうさましてしまうことが多いんです。

以前、食の勉強でお世話になっている取引先の先生にちらっと話してみたら、

『そんなに気にしなくていいよ、子供は自分に必要なものはちゃんと食べるから』

って。

てっきり『〇〇したら食べやすいよー!』とか工夫のアドバイスをもらえると思っていたのでビックリしました。

まさかの返事に驚き。

たとえば。

ピーマンが嫌いな子供が多いのは、デトックスする必要がないから。

ピーマンは解毒作用があるけど、子供は毎日走り回って汗かいてるから、食べものからではなくて自分で勝手にデトックスしてる。

だからピーマンは食べなくてもいい。

大人は運動量が圧倒的に少ない傾向にあるから、ちょっと苦みのあるデトックス作用のあるものを『おいしい』と思うそう。

たしかに、大人になるにつれて苦みをおいしく感じるようになった気がします。

長女はきのこだけは苦手で食べてくれないのですが、これも『もともとこの子は免疫力が高いんじゃない?』って。

たしかにー!長女はぜんぜん風邪ひかない!!きのこは免疫力アップ効果があるけど、長女には必要ないんだー!!

なんだか心のモヤモヤがすーーーっと晴れました。

わたしの幼い頃も、とつぜん冷蔵庫を開けてにんじんをそのままガジガジかじってたり、きゅうりをたくさんボリボリ食べたり…ってことがあったみたいです。

母は『あー、最近野菜が足りてなかったかな?』って感じていたそう。

もちろん、こどもがいろんな野菜の味を覚えて『おいしい!』って楽しく食べることも大切なので、こどもがおいしく食べられる工夫は必要だと思います。

ハンバーグにいろんな野菜を細かくして入れたり、食べやすいように片栗粉でとろみをつけたり。

料理を一緒にしたり。

農薬とか化学肥料を使っていないおいしい野菜を選ぶこともひとつ。

子育て中は、なかなか思うようにならなくて心配事もあるけど、身近なひとに話してみるとヒントをもらえたりしますね。

わたしは頭がカッチカチなところがあって、ついつい『〇〇しなければ!』ってなっちゃうので気をつけたいところです。

ではでは、また明日!


The following two tabs change content below.
秋田 佑

秋田 佑

専務取締役株式会社MOTHER'S・I
1982年生まれ。愛知県名古屋市でお弁当のMOTHER'S LUNCHを夫婦で経営。自社農場の野菜をはじめとことん素材にこだわったお弁当・おそうざいを通して『ココロとカラダが喜ぶ健康的なライフスタイル』を提供しています。名古屋市内のオフィスにデリバリーもしてます。行きつけの温泉で岩盤浴しながら読書するのが幸せ。3児の母。