子供が好き嫌いをして食べてくれず困っているママへ。

今日の朝ごはんは大好きなスパニッシュオムレツがメイン。

こうすると子供たちも野菜をおいしく食べてくれます。工夫って大事ですよね!

img_6326-1.jpg

『子供たちサラダ食べないから作らない。』
『人参は子供たち残すから買わない。』

とか、ちょこちょこ聞きます。

本当にそれでいいのかな…とちょっと寂しい気持ちになります。

友人の話では、家族それぞれ好みがちがうから、晩ごはんも各自好きなものを食べる家庭もあるとか。

『えー!みんなで同じものを囲んで食べないの?』ってビックリしました。

わたしが育った家庭では、苦手なものも頑張って少しは食べようね!という方針。最初から残すとか、まして、嫌いだから出さないなんてあり得なかったなぁ…。

母は料理上手だったから、おいしく食べれるように工夫してくれてたように思います。

子供が苦手なもの、例えば、なす・ピーマン・きのこなんかはオムレツやメンチカツ、ハンバーグなどに細かく切って混ぜるだけでも、ずいぶん食べやすくなります。

この食べ方はほんとにオススメ!わが家の定番です。

でも、無理強いして食事が楽しくなくなっちゃうのは良くないので、おいしく!楽しく!が大事かなって思います。

もし、工夫してもどうしても食べられないものは、いまその子にとって必要ないものなのかもしれません。

例えばピーマン。

img_6330.jpg

子供は苦手な子が多いですよね!
ピーマンは解毒=デトックス作用があります。

子供たちは、いつも走り回って汗かいてデトックスできてるので、大人のように必要ないことも。

大人になると、この苦味がおいしいんだよなー!って感じるのは、カラダが必要としてるから。

そう考えると、子供に『ピーマン残さず食べなさい!!!』ってコワイ顔して怒らなくてもいい気がしませんか?

そして子供が大好きなおにぎり!

これはカラダのパワーの源となる炭水化物です。子供のダイナミックな動きを見ていたら分かるように、子供にとってはとっても必要な栄養素。

だから自然とカラダが求めるのかもしれませんね!

本来カラダは、自分に必要なものを欲するようにできているのです。

img_5095

自分のカラダの声を感じとって、その日何を食べるのか?を選べるようになるとベストですね!

あなたは今日、何を食べますか?


The following two tabs change content below.
秋田 佑

秋田 佑

専務取締役株式会社MOTHER'S・I
1982年生まれ。愛知県名古屋市でお弁当のMOTHER'S LUNCHを夫婦で経営。自社農場の野菜をはじめとことん素材にこだわったお弁当・おそうざいを通して『ココロとカラダが喜ぶ健康的なライフスタイル』を提供しています。名古屋市内のオフィスにデリバリーもしてます。行きつけの温泉で岩盤浴しながら読書するのが幸せ。3児の母。