フラワーエッセンスって何?

こんにちは、ゆうです。

フラワーエッセンスセラピーのボトルのラッピングで試行錯誤してましたが、こんな感じに落ちつきそうです。常にいろいろ試したい派なので、また変わると思いますが…!笑

 

 

フラワーエッセンスセラピーって何?
という方もいると思いますので、今日は説明したいと思います。

 

フラワーエッセンス(フラワーレメディー)とは

心や感情のバランスを取り戻すための自然療法で、70年もの間、世界中で活用されています。

赤ちゃんからお年寄りまで安心して使用することができ、動物や植物にも利用できます。

長年の実績で裏づけられた優れた癒しのシステムとして、現在では60ヶ国以上の国々で医師や看護師、獣医などにも使用されています。

特にイギリスでは一般的なもので、健康食品店から薬局・大型スーパーでも取り扱っています。

救急隊員も常備していて、事故現場等でショックを受けた方に処方したりすることもよくあるそうです。

 

成分は何が入っているの?

・水
・お花のエネルギー
・少量のグリセリンorブランデー
※日本では酒税法の関係上、特別にグリセリンが保存料となっているのですが、海外ではブランデーが主流です

 

お花のエネルギーってどうやって抽出するの?

抽出方法は2つ

①太陽法

花が最も美しく咲いているよく晴れた日を選び、ガラスのボウルに清流から汲んできた水かミネラルウォーターを入れ、太陽に当てて花が持っているエネルギー(波動)を転写する方法

②煮沸法

鍋に花や葉がついた小枝を入れて全体がひたるくらいまでミネラルウォーターを入れて煮出す方法

 

医薬品なの?

医薬品ではありませんが、ココロと感情を癒す製品です。

医薬品のように身体的な病気や症状に直接作用するのではなく、その原因となった感情に働きかけることで癒しが起こり、うつ病やパニック障害などの精神疾患など、様々な症状が改善したという例がいくつもあるそうです。

 

飲み方は?

1回4滴、1日に4回以上飲みます。(朝・昼・晩・寝る前など)

直接舌の上に落としたり、飲みものに混ぜてもOK。
わたしはマイボトルに1日分の16滴入れて持ち歩き、1日かけてゆっくり摂ったりしています。

 

 

 

わたしが“花と風のある暮らし”としてスタートしたのは、38種類あるフラワーレメディーの中から、お客様の状態に合わせて6〜7種類を選んで、ミネラルウォーターと少量のアップルビネガーorブランデー(お日持ちのため)とブレンドしてボトリングしたものをお届けするというもの。

※Instagramで受付スタートしたのですが、予想以上にご注文をいただいてお作りするのが追いつかず、今は注文ストップしています。
そろそろ再開できそうなので、その際はまたお知らせしますね。

 

 

レメディーの選び方は、リーディングです。

その人に「いま」必要なものを感じて、選び、ブレンド。そのレメディーから感じる、「いま」あなたに必要なメッセージもレターにして同封しています。

わたしたちは日々生きている中であらゆる感情を味わいますが、大人になるにつれてその感情にフタをして、何も感じていないかのように振る舞い、まわりに合わせて生きている気がします。

そんなフタをしてしまった感情はあなたの中に留まり続けているので、心のモヤモヤだけにとどまらずカラダの症状などに現れてくることも。カラダは正直です。

わたしの場合はパニック障害という形で現れました。

このお話はまた今度詳しく書きますね。

ではでは。

 

The following two tabs change content below.
秋田 佑

秋田 佑

専務取締役株式会社MOTHER'S・I
1982年生まれ。愛知県でフラワーエッセンスセラピストしています。お弁当の《MOTHER'S LUNCH》は夫と経営。 自社農場野菜をはじめ、とことん素材にこだわったお弁当や全国配送の無添加おそうざい、フラワーエッセンスやヒーリングの癒しを通してココロとカラダが喜ぶ健康的なライフスタイルを提供しています。