自分の望みがわからない…という方へ

こんにちは、ゆうです。

最近、家の中に虹が出ます。朝限定なんだけど嬉しい♫

 

さて、今日は、自分の望みがわからない…という方に向けて、わたしの経験からお伝えしたいことについて。

 

わたしは高校を卒業してから上京し、バンタンデザイン研究所(ヘアメイク専科)に入学、一年で辞めて名古屋に帰って母と当時の彼(現旦那さん)とマザーズランチをスタートしました。

名古屋に帰るきっかけは、母が経営していた焼き鳥屋さんの売り上げが思わしくなく、なんとかするために彼と同棲していた東京の家を引き払って帰ってきた、という感じ。

当時、東京で同棲していた彼は、わがままで自由極まりないわたしを「いま大切なのは家族だ」と説得し、一緒に手伝うことを決意してくれました。

美容師になることを目指して、通信で勉強しながら美容室で日々アシスタントとして働いてたのに。本当に感謝です。

 

そんなこんなで、20歳の時にマザーズランチをスタートしました。

10食からスタートして、20食となり、50食、100食、300食、と続々と増えていき、3人でスタートしたものの回らなくなりスタッフさんも雇うことに。

夜中からお弁当作って、昼は配達、そのまま売上金を握りしめて仕入に行き、店に戻ったら山積みの調理器具を洗い、夜遅くまで仕込み…という日々。

当時は目の前のやるべきことをこなすのに精一杯でした。

 

本来、ストイックに努力!根性!という生き方は向いていないわたし。昔から、自由人、根無し草、枠にはまらない、個性的、ということをまわりに言われてきたような、社会ではちょっと生きづらい、残念系の人間なんです。

そんなわたしはお弁当屋さんをスタートした時から「このまま歳を重ねていって弁当屋のおっかさんになるのは、なんか違う気がする…」ってぼんやり違和感を感じていました。

でも、だからといって何か秀でたものがあるわけでもない。夢中になれるものも特にない。

 

やりたいことがわからない!

 

と、ずーっとぐるぐるぐるぐるもやもやもやもやしてたんです。

人生設計を作るぞ!と意気込んで、ノートとペンをもってカフェに行き、何時間も考え込んだこともあります。それも何度も何度も。

このままじゃいけない気がする…っていつも焦ってました。

 

今になってわかるんだけど、そうやって「思考(エゴ)」でいくら考えててもダメなんですよね。「魂の声(ハート)」を受け取れないと。

魂の声に気づくには、自分に一致していないと難しい。

わたしは本来の自分とはズレにズレていたので、魂の声は聞こえませんでした。

 

そしてパニック障害発症。

 

自分に合わない生き方にストップがかかりましたね。

そして治すためにいろいろ模索しているうちにヒーリングやフラワーエッセンスに出会って、自分の魂の癒やしを進めていったら症状が出なくなりました。

そして、

「あ、フラワーエッセンスについて勉強してみたーい」

「ヒーリングもできるようになりたーい」

って魂の声にだんだんと気づけるようになってきました。

 

今やっていることに違和感がある…でも自分が本当にやりたいことがわからない!って方は、まずヒーリングやフラワーエッセンスで自分の癒やしにコミットしてみることをオススメします。

自分を大切にする、愛することで、本来の自分に出会えて、とーっても生きやすくなっていきます。

 

ではでは。

 

The following two tabs change content below.
秋田 佑

秋田 佑

専務取締役株式会社MOTHER'S・I
1982年生まれ。愛知県でフラワーエッセンスセラピストしています。お弁当の《MOTHER'S LUNCH》は夫と経営。 自社農場野菜をはじめ、とことん素材にこだわったお弁当や全国配送の無添加おそうざい、フラワーエッセンスやヒーリングの癒しを通してココロとカラダが喜ぶ健康的なライフスタイルを提供しています。